<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< おひなさまの苺タルト | main | 春分の日 >>
お蔵フェスタにて



 3月16日は、千葉の神崎で行われた「お蔵フェスタ」に出店してきました。
Lokahiとしては、以前kittaと一緒に出店させてもらったことがありましたが、
awanovaで参加するのは、はじめて。
本当は初参加するはずだった年に震災がおきて、中止になってしまったので。
それ以来の出店です。

仕込みをしていても、3年前のその前夜のことが妙にリアルに思い出されて。
自然と、今までの出来事や、自分の気持ち。
共に過ごした仲間たちや、それぞれの土地で頑張ってる仲間たちのことが
次から次へと心に浮かんできました。

あれから、私たちの置かれている状況はとてつもなく変わり果ててしまった。
だからこそ、この先きっと私たちは今までよりも、賢い選択が出来るはずだと思っていた。
そして、たくさんの人たちの気づきが世の中の流れを大きく変えていくはずだと。

しかしながら。
自分たちが思うほど、その歩みは遅く、
変らないところは、腹立たしいくらい変らず。
以前よりまして、疑問に思う事が多くなった。

うんうんと唸って、もんもんと考えても、まったくらちがあかない。
だから結局、私は淡々と自分が信じた事をするのみだ。


大きくて重たい土の塊を、いっぺんに抱えて運ぶのは限りがある。
まったく途方もないような、山になった土の塊を前に自分ができることは
とりあえず両手に持てるだけ持つことだ。
そして、歩いて持てる分だけでも持ったら、目的地を目指すのだ。
何回それを繰り返せば、見たい景色を見れるのかは、
やってみなければわからないけど。

そう言えば。
ハチドリのお話もそういう話だったっけ。


みんなの心に、この花のような
あたたかくて美しい世界がずっと広がっていきますように。





| - | - | イベント |
スポンサーサイト
| - | - | - |